桃クリニックからのお知らせ&最新情報

News H29.516up  第47回の医療と介護の勉強会のお知らせ

前回は、服部記念病院の徳岡泰紀先生により『緩和ケアに於ける希望実現について』のご講義をいただき、症例の検討や多職種の方々より実体験に基づいた感動的なお話しを共有できる有意義な機会になりました。

フェイスブックものぞいてコメントいただけると幸いです。

今回は、数々の賞を受賞された

江端 左恵子さん』の嚥下困難食のお話です。


〜『 お父様の介護からの嚥下困難食の研究 』〜

今回は、江端 左恵子さんがお父様の介護から嚥下困難食の研究を始められ、数々の賞をとられた食事を、愛和生野病院 管理栄養士 村田 味菜子先生監修のもと、キッチンにて公開して頂きます。

3月にはグランプリの作品を産経新聞に紹介されました。

当日の限られた時間ではありますが、多数のご参加お待ちしております。

■ 日時:平成29年5月26日(金)

午後7時より

 

■ 会場:クレオ大阪中央

四天王寺前夕陽ヶ丘駅(地下鉄谷町線) ▶1・2番出口から北東へ徒歩約3分

 

Facebookページ上でもご案内させていただいています。

https://www.facebook.com/momoclinic

ごあいさつ 『人の生命は 、一輪の美しく尊い花です。』

桃クリニック 院長 後藤克子

私は、20年以上整形外科医として、患者様の外来診療、骨折や人工関節等の手術治療を行ってまいりました。

 

その中で近年、骨折は治癒しているにもかかわらず、筋力低下や内科的合併症などにより、永年住み慣れた自宅への復帰が困難となった患者様を数多くみてまいりました。

 

私自身が両親を看取ったことによる経験からも、患者様を家族と住み慣れた自宅で心穏やかに、そして安心して暮らせるサポートをさせていただきたいと思うようになりました。

 

人の生命は尊く、老いの中で機能を失っていくことはあっても、皆全て神様に愛される美しい一輪の花です。

 

私は整形外科的な治療が得意分野ではありますが、地域の皆様のニーズに応えることを優先とし、大切な生命を輝かせるお手伝いをさせて頂きたいと思っています。

 

在宅診療は、医療保険による保険診療です。

定期的な医療を要するが、通院の困難な患者さまを対象に、

ご自宅や施設の居室を訪問して医療を提供するサービス(隔週で月に2回 程度)で、医療保険による保険診療です。

 

四肢関節や腰などの痛みに対する治療、血圧・血糖値のコントロール、採血・点滴・消毒などの 医療処置を行ないます。

また、薬局との連携による薬の配達と、服薬指導も行ないます。

 

▶ 在宅診療についてもっと詳しく

介護保険の「主治医意見書」を作成します。

 在宅サービスを受けるために必要な「主治医意見書」を作成致します。

介護保険等による各種の在宅サービスを利用することが可能になり、ご自宅での生活をより充実させることができます。

▶「主治医意見書」とは?

急な病状の変化でも迅速な対応

患者さまの病状が変化したときはまず電話で対応し、必要に応じて臨時往診します。

 

急変時は24時間の電話対応です。入院治療が必要な場合は、連携病院と連絡をとり、入院先を確保します。
(但し緊急の場合は救急車の要請になります。)

地域医療連携

ケアマネージャーさん、訪問看護師さんや地域の病院・薬局などと連携をとり、総合的に診療いたします。現在お通いの病院にかかりながらでも、ご自宅での医療を受けることができます。通院先の病院と連絡をとりながらサポートいたします。

▶ 主な提携機関・病院

訪問リハビリテーション

理学療法士がご自宅に訪問し、個別に行う訪問リハビリテーションの指示・手配を行います。